ツイッターが有料スペース等で暗号資産を試験導入、ストライプ提供

ツイッターが有料スペース等で暗号資産を試験導入、ストライプ提供

ツイッターのスペースを有料化したり、コンテンツを販売したら暗号資産で受け取れるようになるとのこと。
ポリゴンというと、安価なNFTの通貨ですから、NFT的な方向にいくのかも?

 

 

ツイッターと決済インフラ企業ストライプ(Stripe)が、収益を暗号資産で受け取ることのできる機能を一部のツイッターユーザーに試験導入したことを4月22日に発表した。

 

ユーザーがフォロワー向けにユニークな有料コンテンツを作成することができるサービスで、「Ticketed Spaces」は、音声でのスペースのライブイベント配信ができる機能だ。

 

まずストライプは、ポリゴン(Polygon)ネットワークの米ドルステーブルコイン「USDC」での支払いに対応するとのこと。ストライプがポリゴンネットワークを選んだのは、手数料の安さ、スピード、イーサリアムとの統合、幅広いウォレットの互換性があるからだという。また今後対応するブロックチェーンを増やす予定とのことだ。